カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
カテゴリ
バックナンバー
おすすめ
スポンサー・リンク
モバイル
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
にきび?
JUGEMテーマ:金魚


我が家のキャリコ水泡眼の銀杏ちゃんのデコっぱちに、ぽちっと盛り上がった白い粒を発見しました。5月20日の事です。

コレはいわゆる「金魚のにきび」というヤツかしらん?でも、肉瘤が出来るときにも白いボッチが現れるというし・・・何だろコレ?

にきび?銀杏1

にきび?銀杏2

とりあえず1個だけだったので薬浴等はせずこのまま様子見ということで観察していたら3日位で完治。その後再発する事も無かったです。
銀杏ちゃんは水泡眼には珍しく、デコっぱちが少しモコモコっとしている水泡眼だったので未だにこの白いボッチは病気の為に出来たものだったのか解りません。

う〜ん。雪乃ちゃんの出目といい今回の白ボッチといい、金魚の世界は奥深いですなぁ(苦笑)


| 病気&治療 金魚 | 08:37 | comments(8) | trackbacks(0) | -
ちっこくなる蝶尾の目
JUGEMテーマ:金魚


5月の下旬頃、更紗蝶尾の雪乃ちゃんの左目が小さくなる事件が発生しました。
原因不明で何故片方の目だけ小さくなったのか未だに解りません。

ネットで調べたりみっちぃさんに窺ったトコロ、特に蝶尾の目が小さくなるという話は聞かないとの事でしたので、薬浴等はせずに現状のまま様子を見守っていたトコロ、治ってきましたよ!今現在はほぼ両方とも同じ大きさまで回復しました。

左目雪乃1

左目雪乃2

↑上の2枚の写真は左目だけ小さいのが判りますか?お連れした当初はどちらも同じ大きさの目だったんです。
そして、↓こちらは今現在の雪乃ちゃんです。

左目雪乃3

原因は未だに解らないのですが、この位まで回復してくれて良かったです。
目が小さい間も雪乃ちゃんは変わらず元気に過ごしていて、本当に何が原因なのでしょうか?謎ですね(苦笑)

| 病気&治療 金魚 | 10:55 | comments(8) | trackbacks(0) | -
白点病治療の後には・・・
JUGEMテーマ:金魚


前回は白点病になった経緯をお話しましたが、白点病はさくっと3日位で完治しました。その後塩水浴をして体力を回復させ、無事本水槽に復帰しましたが、メチレンブルーの影響を金魚さんのお鼻も受けていました。その時の写真を残して置きましたので、皆さんにお見せしちゃいますね♪

こちら ↓ メチレンブルー水溶液を3分の1まで減らした状態で撮影した写真です。

メチレン後南天

メチレン後スモモ

メチレン後銀杏

メチレン後モモ

皆さん見事にお鼻が青く染まっています。この状態はメチレン抜きの状態で3日ほど続きました。
ふふふっ。ちょっと可愛いでしょ♪(笑)


| 病気&治療 金魚 | 10:41 | comments(9) | trackbacks(0) | -
縦長水泡の悩み
JUGEMテーマ:金魚


我が家のモモちゃん(更紗水泡眼)は体がむっちりと大きい割りにご飯食べるの遅いし、ヘタだなぁ、みんな他の子に食べられちゃうよ。しゃーない、ボール使ってモモちゃんレストランでもしてみるかなぁ。

なーんて思った事がそもそもの間違いでした!ボールはダメなんですよ。底が丸いですからね。って何の事か解りませんネ。とりあえず、↓こちらの写真をご覧下さい。

萎み水泡1

萎み水泡2

そうです。モモちゃんの水泡がしぼんでいます。ふぅ。何でこうなったかというと・・・。
モモちゃんはご飯を食べようと頑張ると水泡がポコッとお口に入ってきちゃうのです。っんでっ。夢中になればなるほど、我を忘れて自分の水泡をちゅぱちゅぱと(苦笑)

それに気が付かず、スチャラカが底の丸いボールにモモちゃん&ご飯を入れちゃったので、底の丸みで水泡がどんどんとお口の方によってきてしまうのですね。とうとう、ココまでしぼんでしまいました。

水泡眼をたくさん見てきましたが、こんなケースは初めてで。とりあえず元気でしたので様子見をしていたら次の日ショックのせいか、モモちゃん銀杏に白点病発症でみんな隔離です。

萎み水泡3

4尾なので、10リットルプラケースに2尾づつ。
スチャラカの白点治療は、金魚を隔離&治療している間に、本水槽の調整をしています。
本水槽の調整を具体的にお伝えすると、水温を一気に33度くらいまで上げて1日放置し(フィルターやエアは動かしておく)次の日にフィルター以外は全換水&掃除し、新水を入れ、後は金魚の治療が終わるまで、毎日一定量のアンモニアを注入してバクテリアを維持しています。

萎み水泡4

↑ こちら翌日のモモちゃんの様子。たった一日でだいぶ水泡が戻っています。この驚異的な回復&最初から口元の方向に曲がっている水泡の形を見ると・・・。
コレは常習犯だったのでは!?(苦笑)





| 病気&治療 金魚 | 11:47 | comments(14) | trackbacks(0) | -
水泡の白濁 いちじくちゃんの巻
JUGEMテーマ:金魚


我が家の愛金魚、キャリコ水泡眼のいちじくちゃんは去年の12月13日に左水泡が白濁するという災難?に見舞われました。ご心配掛けるとイケナイので先にご報告すると、現在、左水泡の白濁はキレイに治っています(笑)

結局原因は何なのか良く判らないのですが、どうやらエロモナス菌に遣られたんじゃないかと推測されます。(特にぶつけたとか吸われた?とかの物理的な要因が考えにくいので)

水泡白濁1

↑ こちら白濁する前のいちじくちゃんです。透明な水泡ですね。

12月13日 いちじくの左水泡が白濁する。真っ白だぁ(泣)「なんでなの?いちじくちゃん!」いちじくちゃんは、いつもどうりに元気なご様子・・・あせあせ水槽の掃除&3分の1の水換えをする。(当日の写真を撮るのを忘れてしましました。)

12月17日 左水泡の内部に網目が入る。どうも、ドロドロした何かでいっぱいだ。「ふ〜む。これはどういうことなのでしょうか。治ってきたという事なの?いちじくちゃん!」プルンプルン♪いちじくちゃんはいつもどうりに元気なご様子・・・あせあせ

12月18日 水泡眼水槽のフィルター掃除をする。水泡はあいかわらず、網目の入ったドロドロでいっぱいだが、少し透明感が出てきた気がする。

水泡白濁2
↑ 12月19日の写真です。網目ドロドロ解りますか?

水泡白濁3
↑ そして、12月21日の写真です。だいぶ、白濁していた水泡に透明感が戻ってきました。今回の白濁事件は、原因がイマイチ特定出来なかったので、掃除&換水のみで対処し、なんとか乗り切ることが出来てよかったです。

結局白濁した何かは、結晶のツブになって水泡の中でコロコロしています。ひょっとして、以前から水泡の中にあった結晶のツブってこうやって出来たものじゃないの?なんて思っていますが、当たっていると思いませんか?

この一件以来、水泡眼水槽の水換えを週2回にしています。週1で掃除&3分の1の水換え、週の真ん中辺りで、4分の1の水換えで現在に至っています。やはり、水泡眼水槽が小さすぎるんだと思うのです。なので、ただ今おニュー水槽を注文中♪


| 病気&治療 金魚 | 13:15 | comments(7) | trackbacks(0) | -
松かさ病治療ゴーちゃんの巻 最終章
JUGEMテーマ:ペット


注意:松かさ病治療の記事には病魚の写真が載っています。あまり見栄えのいいものではないので、苦手な方はご遠慮ください(礼)

11月29日 少し元気が無く、体が太って見え始める。やはり、一旦鱗が閉じた後でも、再発するんだ(泣)ゴーちゃんを良く観察してみると胸鰭の下の部分が膨らんでいる。あれ?この辺りは心臓があるんじゃ?じーっと見ていると、その部分がピクピクと痙攣した。えっ?ひょっとして、心臓にまでエロモナスが侵食してしまったの?「そうなの?ゴーちゃん?」ゴーちゃんはこちらを見つめるばかり。塩0.3%

松かさゴーちゃん11月29日

11月30日前日に塩水浴を0.3%にしたおかげか、今日はとても元気!ゴーちゃんには、塩0.3%が丁度いいんだね(笑)

12月1日今日から薬エサ&ココアを再開することにする。塩0.3%+薬エサ4粒×2+ココアマドラースプーン2杯。

松かさゴーちゃん12月1日の1
鱗はかなり開き、胸の膨らみも相変わらす。横見でも鱗が浮いているのが判る。
松かさゴーちゃん12月1日の2

12月2日塩0.3%+普通のエサ4粒×2+ココア

12月3日少しずつゴーちゃんの元気が無くなって来た。今日から毎日塩を0.1%ずつ追加して最終的に0.6%までもっていこうと思う。塩0.4%+普通のエサ4粒×2+ココア2杯

12月4日かなり元気が無い。でも、覗いているとこちらに近づいてきて、こちらを見つめる。「苦しいんだね。ゴーちゃん。」こちらを向いてあくびをした(笑)「ゴーちゃん。でも、まだお口の中がピンク色だから大丈夫だよ」塩0.5%+薬エサ3粒+普通のエサ3粒+ココア2杯

12月5日症状に変化が無く、元気も無い。エサも1粒しか食べられなくなってしまった。(口に入れても吐き出しの繰り返し)ブラウンシュリンプを沸かす。(ブラウンなら意識しなくてもお腹に入るかもしれない)塩0.55%のみで、ココアも止める。(負担になっている可能性もあるので)

松かさゴーちゃん12月5日の1
上見で右側が膨らんでいる。横見では、全体的に艶が無くなって来たのも判る。
松かさゴーちゃん12月5日の2

12月6日症状に変化無し。元気は少しだけ戻ったみたい。体もくの字に曲がり始める。でも、泳ぎながら、ブラウンシュリンプを食べている(笑)「そうだよね。ゴーちゃんはブラウン大好きだもの」塩0.6%+普通エサ1〜2粒+ブラウンシュリンプ

12月7日エアレーションで出来る水流に流され始めるが、時々自分の力で泳ぎだす。「そうだね。ゴーちゃんは自分で自分の体を動かしたいんだよね。」そして、夕方4時(16:00)頃旅立ちました。

こちら元気な頃のゴーちゃんです。
さよならゴーちゃん1

さよならゴーちゃん2

ゴーちゃん。最初にお連れした時は丸々した体形で光の加減で色々な色に見える不思議な金魚でした。スチャラカの拙いお世話にもめげずにとても人懐こく、いつも元気いっぱいで、水槽に手を入れると「チュッ!チュッ!」としつこいくらいにアピールする可愛い金魚。他の金魚には兄貴のように慕われて、遊んでいるときも寝ているときも、他の金魚が傍にいました。

そんなゴーちゃんの闘病記の続きを書くのはとても辛く、今まで延び延びにしていまいましたが、ゴーちゃんが頑張った記録です。書かない訳にはいきません。他に苦しんでいるヒトの為にも、そして自分で乗り越える為にも必要でした。反省すべき点はたくさんありますが、今回の件を踏まえて次のもしもの時に備えたいと考えています。

| 病気&治療 金魚 | 14:21 | comments(7) | trackbacks(0) | -
松かさ病治療 ゴーちゃんの巻 その3
JUGEMテーマ:ペット


注意:松かさ病治療の記事には病魚の写真が載っています。あまり見栄えのいいものではないので、苦手な方はご遠慮ください(礼)


11月18日今日から朝、昼4粒ずつ、計8粒エサをあげる。「体力がなくなると、ヤバイのでいっぱい食べて早く元気になってゴーちゃん!」

11月20日今日からココア投入を止め、塩分も少しずつ抜いていく。塩0.4% ゴーちゃん残念そう(笑)

11月21日の様子はこちら。塩0・3%。相変わらず元気だし、鱗も大分落ち着いてきた感じ(笑)

21日ゴーちゃん1

21日ゴーちゃん2改


11月22日 塩0.2% この後、しばらく塩0・2%をキープ

11月26日おやつのブラウンシュリンプを止める。ゴーちゃん、さらに残念そう(笑)

11月27日の様子はこちら。鱗は少しだけ浮いている。ゴーちゃんは、発病の前のように元気(笑)

27日ゴーちゃん1

27日ゴーちゃん2

ちょっと余談ですが、ゴーちゃんは自分のフンを食べてしまいます。お腹の中に菌がいた場合、せっかく排出した菌をまた食べちゃうことになるので、少し困っています(苦笑)ゴーちゃんは、フンが下に落ちるとビュンと素早い泳ぎで食べてしまうので、日々スチャラカとフン取り競争です(爆)

ゴーちゃんの頑張りや皆さんのアドバイスのおかげで、ここまで回復することが出来ました。本当にありがとうございます。11月28日から、また少しゴーちゃんの鱗は浮き始めましたが、あまり、心配していません(笑)一進後退を繰り返して、良くなるんだと思っていますので(笑)

とりあえず、ゴーちゃんの闘病記はお休みします。また、まとめてお伝えする予定です。

そのときまで、つづく(笑)


| 病気&治療 金魚 | 10:58 | comments(14) | trackbacks(0) | -
松かさ病治療 ゴーちゃんの巻 その2
JUGEMテーマ:ペット


注意:松かさ病治療の記事には病魚の写真が載っています。あまり見栄えのいいものではないので、苦手な方はご遠慮ください(礼)

11月13日朝。ゴーちゃんは昨日よりは元気が無いけど、泳ぎ回っているし、ちょだい、ちょうだいも出来ている(笑)鱗はさらに開く。「う〜む。とりあえず3日は薬を使わないと!ゴーちゃん、がんばれ!松かさ病に負けるな!」

今回の闘病は長引きそうなので、体力維持のため、朝とお昼に薬浴水の水で、花咲というエサを2粒ずつふやかしてあげることにしました。5リットルという水量とエサをあげている為、毎日軽くお掃除+点滴方式の同じ濃度&温度の薬浴水で4分の3換水。換水が終わったらまた、ココアをマドラースプーン昼2杯、夜1杯の合計3杯。


こちら11月14日の写真。鱗は開ききった感じ。治療は昨日と同じ。

14日ゴーちゃん1

14日ゴーちゃん2

少し元気が無い。底で休むのは夜、スチャラカたちが寝た後しかなかったのに、スチャラカが見えないと底で休んでいたりする。「ゴーちゃん。今日一日乗り切れば、明日からはお薬抜くからがんばれ!!」ご飯はちゃんと食べれているのでちょっと安心。フンもそれなりに出ている。

11月15日、観パラDを規定量の半分にしたので、塩0・5%+観パラD半分+ココアの薬浴水。次の日完全に観パラDが抜けるので今日から、薬エサをあげることにした。薬エサの作り方は、真水 100cc(塩素抜きは不要。)にグリーンFゴールドリキッドを1ミリリットルを入れ、そこにエサを入れてふやけるまで放置。スチャラカは毎日その日の分を作って朝と昼の2回、2粒ずつあげました。この日もゴーちゃんは普通に薬エサを食べ、薬を半分抜いたおかげか、薬エサのおかげか、すこし元気が戻りました。鱗は松ぼっくり状態です(苦笑)

11月16日、観パラDを完全に抜いて、薬エサを一日4粒から6粒に変更。朝、3粒、昼3粒

11月17日今日からココアを換水後マドラースプーン2杯入れて、夜はなし。ゴーちゃんかなり元気になる。松ぼっくりは変わらず(苦笑)ここで、おやつにブラウンシュリンプを少量沸かして、3時ごろあげる。ゴーちゃん大よろこび(爆)

11月19日から薬エサをやめて、普通のエサに戻す。ゴーちゃんの鱗も少しずつ、治まってきた。こちら19日の様子。

19日ゴーちゃん

19日ゴーちゃん2

明日につづく(笑)





| 病気&治療 金魚 | 19:05 | comments(8) | trackbacks(0) | -
松かさ病治療 ゴーちゃんの巻 その1
JUGEMテーマ:ペット


注意:松かさ病治療の記事には病魚の写真が載っています。あまり見栄えのいいものではないので、苦手な方はご遠慮ください(礼)

我が家の愛金魚ゴーちゃんが11月12日に松かさ病を発病しました(泣)3ヶ月ほど前から、尾びれがパサついたり、にきびが出たりで調子を崩していたので、体調不良による松かさ病発症だとスチャラカは考えています。あまり闘病記は載せたくないのが本音ですが(悪い結果になる場合もあるので)今、ゴーちゃんが回復に向かっているのも、色々な方々のアドバイスや、同じくブログ等に情報を載せてくれた方々のおかげでもあるので、ゴーちゃんの闘病も誰かの役に立つかもしれないと思い、載せることにしました。

こちら松かさ病発症2日前のゴーちゃんです。最近ちょっと彩ちゃんより元気が無いかな?と思ったくらいでした。
松かさ前ゴーちゃん

11月12日 朝、金魚にご飯をあげようとして、「んっ?ゴーちゃん。なんか太った?はっ!鱗浮いてるじゃん。もぉ!ちょうだい、ちょうだいしてる場合じゃないよぉ 泣」
こちら、隔離後のゴーちゃん。

12日ゴーちゃん改

急いで、隔離。「今日はご飯抜きだよ!ゴーちゃん!」治療に入る。まず、エアレーション+ヒーター25度設定(本水槽の温度と同じ)点滴方式で2時間ほどかけ、真水(塩素を抜いた水)にして、一時間放置。そして、一時間に0.1%ずつ塩を加え合計5時間、0.5%の塩水のまま、一時間放置。その後、観パラD規定量を数回にわけ投与、一時間放置。その後、純ココアをマドラースプーン(100均で購入)2杯を入れ、夜1杯、合計3杯を入れて終了。塩水浴の仕方はこちらのHPを参考にしています。

こちらココアを入れ終わった後のゴーちゃんの様子です。「びゅんびゅーん。パクパク。ココアおいしいよ!スチャラカ」・・・。ゴーちゃんはとっても元気(苦笑)
ココア浴ゴーちゃん

その後の様子は明日につづく。

| 病気&治療 金魚 | 09:53 | comments(8) | trackbacks(0) | -
| 1/1PAGES |